中年システムエンジニアのオモチャ箱

中年システムエンジニアが初体験のブログ活動。技術情報の備忘録以外も、色々と載せていければと思います。

【スポンサーリンク】

 

Excel CSV ファイルの貼り付け方法


【スポンサーリンク】


下記のような CSV ファイルがあったとして、Excel のセルにはどのように貼り付けますか?
※この記事は Excel 2013 を使用しています。

 

CSV ファイルの中身

品番コード,品名,単価,備考

000101,商品A,1000,

000102,商品B,1500,品切れ中

100001,商品C,500,

100002,商品D,2200,

 

私が知る限り、下記の 2 とおりがあります。

  1. リボンメニュー[データ]>[テキストファイル]
  2. リボンメニュー[データ]>[区切り位置]

 

 テキストファイルを指定して取り込む派

リボンメニュー[データ]>[テキストファイル]で取り込んでいますか?
私は先日まで、こちらの方法で取り込んでいました。

  1. リボンメニュー[データ]>[テキストファイル]を選択し、取り込む CSV ファイルを選択します。

    f:id:middle-aged-se:20180327204906j:plain

  2. 今回は下記の形式の CSV ファイルを取り込むので、下記画面のとおり選択し、[次へ]ボタンを押下します。
    カンマ区切り
    1 行目を列タイトルして存在する

    f:id:middle-aged-se:20180327204903j:plain

  3. 下記画面のとおり選択し、[次へ]ボタンを押下します。

    f:id:middle-aged-se:20180327204900j:plain

  4. 下記画面のとおり選択し、[完了]ボタンを押下します。
    項目の詳細は下記となります。
    「列のデータ形式は、デフォルトでは[G / 標準]が選択されています。
    今回、何故[文字列]を選択したのか?
    1 列目の「品番コード」のように、「0」が前に表示されている場合、[G / 標準]で取り込んでしまうと数字とみなされ「0」が削除されてしまいます。(1 行目の「000101」は、「101」として取り込まれます)
    よって、できる限り[文字列]を選択して取り込んだ方が便利かと思います。
    「データのプレビュー」では、実際に取り込む値のプレビューが表示されます。
    プレビューされている列を選択後、「列のデータ形式」を選択することにより、列ごとに指定した形式で取り込むことが可能です。
    また、複数列を一度に選択したい場合は、開始列を選択後、キーボードの〔Shiht〕キーを押下しながら終了列をクリックすることで選択できます。

    f:id:middle-aged-se:20180327204857j:plain

  5. 下記画面のとおり選択し、[OK]ボタンを押下します。
    「データを返す先を選択してください。」項目では、既に開いている Excel のワークシートに貼り付ける場合は、[既存のワークシート]ラジオボタンを選択します。
    その際、貼り付け開始セルを指定します。(デフォルトでは「=$A$1」が指定されています)
    新しい Excel のワークシートに貼り付けたい場合は、[新規ワークシート]ラジオボタンを選択します。

    f:id:middle-aged-se:20180327204854j:plain

  6.  上記手順で貼り付けた結果、下記のようになりました。

    f:id:middle-aged-se:20180327204943j:plain

 

 
文字列をコピペして貼り付ける派

リボンメニュー[データ]>[区切り位置]でする場合の貼り付け方です。
実は、私は先日まではこちらの方法を知りませんでした・汗。

  1. 貼り付けたい CSV ファイルをテキストエディタで開き、文字列をコピーします。
  2. Excel に貼り付けます。
    今回の場合、A1 セルに貼り付けました。文字列は全て A 列に貼り付けられます。

    f:id:middle-aged-se:20180327204940j:plain

  3. 列ごとに区切りたいデータを選択し、[区切り位置]ボタンを押下します。
    今回の場合 A1 セルから、A5 セルまでを選択しています。

    f:id:middle-aged-se:20180327204937j:plain

  4. 「区切り位置指定ウィザード」は、上記『テキストファイルを指定して取り込む派』に記載した内容とほぼ同じなので、キャプチャーのみ張っておきます。

    f:id:middle-aged-se:20180327204932j:plain

    f:id:middle-aged-se:20180327204929j:plain

    f:id:middle-aged-se:20180327205000j:plain

  5. 上記手順で貼り付けた結果、下記のようになりました。

    f:id:middle-aged-se:20180327204957j:plain

 

如何でしたか?


『文字列をコピペして貼り付ける派』の方が、より簡単に取り込めるので、こちらの方がおすすめかなと思います!


用途によって使い分ければ便利かと思いますので、是非、活用してみてくださいね。